在デンパサール日本国総領事館から毎月更新される安全対策情報の抜粋をお知らせします。

3月邦人事件・事故関係

(1)ひったくり・スリ   
○ 午後10時ころ、クタのパパイヤ前道路を友人5人と通行中、 バイクに乗った2人組からパスポート在中のショルダーバッグをひったくられた。 
~犯人は被害者らをバイクで追い越しては停車するといった行動を繰り返しています。 道路を通行中、身の回りで不審な動きを察知した場合は 「立ち止まり様子を確認する」、「付近の店舗に避難する」等して犯行の 機会を絶つよう心掛けてください。  

○ 午前3時~4時ころ、ナイトクラブ付近のレギャン通りを通行中、 数名から囲まれ気が付いたらポケットに入れていたスマートフォンがなくなっていた。
 ~深夜のナイトクラブ周辺のレギャン通りでは上記の様なスリ事件等が後を絶ちません。 所持品は自己の管理が確実に及ぶ形で携帯してください。 

(2)置き引き  
○ 午後2時ころ、サヌール海岸に立ち寄った際、椅子の上にバッグを置いていたら いつの間にかなくなっていた。 
~被害者は被害に全く気が付かなかったとのことです。犯人は複数人で通行人を装ったり 道具(釣り竿やその他棒様の物)を用いて犯行に及んでいることも考えられます。 所持品は肌身離さず携行してください。 

(3)空き巣  
○ 午前10時ころ、宿泊先(チャングー地区)のアパートに何者かが侵入し、 棚に置いていたパス ポート等を盗まれた。 
~施錠して外出した際に何かしらの方法により室内に侵入され被害に遭ったとのことです。 外出時は、今一度貴重品の管理につき確認してください。 

(4)空港出入国時のトラブル  
当地空港の撮影制限区域(出入国審査区域等)において写真・動画撮影を行った ことにより入管職員から注意を受ける事案が立て続けに発生しました。 空港の安全・保安上の観点から撮影が禁止されている区域では撮影を行わないでください。 なお、入管職員等による口頭注意やデータ消去以上の罰金支払要求は越権行為ですので、 要求に応じる必要はありません。万一、そのような要求をされた場合には、 担当職員の氏名、職員番号等を控え、総領事館までご一報ください。