朝7時30分のスピードボートに乗るために、デンパサールのオフィスを6時に出発、朝だからか渋滞なく50分で到着。

朝日が雲間から差して、幻想的だけど、写真の人たちは、ヌサペニダへ物資を運ぶ荷役人で忙しそうに働いていました。

クサンバ港のスピードボート(スカールジャヤ)のオフィス

クサンバ港は、桟橋がないため浮島に移動してから、スピードボートに乗り込みます。

乗船30分間

あっという間にヌサペニダへ到着。

 

サンパラン港到着。

こちらには桟橋があります。

 

サンパラン港で、ヌサペニダの運転手兼ガイドさんに会います。

日帰り観光して、午後にサンパラン港へ戻ります。

 

サンパラン港から、バリ島のアグン山を望めて、これからバリに帰るぞという気分にさせてくれます。

 

サンパラン港のスピードボートのオフィス

 

サンパラン港でバリらしい風景

ヌサペニダは、プナタラン ペッド寺院やゴア ギリ プトゥリ寺院など有名な寺院があるので、

バリ人もわざわざスピードボートに乗ってお祈りにやってきます。

 

サンパラン港は、欧米人のお客さんでいっぱいでした。

スピードボート(スカールジャヤ)の船内

救命道具も備え付けています。

乗船時間30分間

 

クサンバ港に到着。

浮島に移動してから、ビーチへ降り立ちます。

往復とも揺れなくて、快適なスピードボートの旅でした。